supershot / 2018年6月12日

さまざまなストレスが肌荒れを引き起こす

私は長年、さまざまな肌トラブルに悩まされてきました。
おそらく生まれつきの体質なのだと思いますが、家族や身内で同じような悩みの人がいないので、遺伝ではないのかもしれません。

特にストレスが多くかかってしまうと、すぐに肌荒れが起きてしまいます。
ストレスは人間関係や仕事などの原因だけではなく、急激な環境の変化も大きく影響しています。

特に春は乾燥や紫外線、さらには花粉、それ以外の自然環境の影響によって肌荒れが起こりやすい季節です。
春は気候も良く、過ごしやすいので気分的には良いのですが、肌荒れがあると気持ちが落ちてしまうことがあります。

肌荒れがひどい時は体調が良くない時が多いようです。
そのため、できるだけ肌荒れを起こさないようにするためには、さまざまなストレスを受けない、溜めないようにすることが大切です。

最近は精神的ストレスが、心身に与える悪影響の大きさが問題となっています。
実際にストレスによっていろいろな問題が起きているのも事実です。

ストレス解消のために、何かに依存してしまうと、一時的に解消はできても、結果的に大きな問題に発展してしまうこともあります。
自分のストレスを上手く解消していくことは肌荒れにもかなりの効果がありますし、心身全体の健康にも繋がっていくと思います。

FILED UNDER : 未分類

Submit a Comment

Must be required * marked fields.

:*
:*